History of Baumkuchen

バームクーヘン(バウムクーヘン)の歴史

バームクーヘン発祥の地

バームクーヘンとは、中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキです。
(ドイツ語でバームは「木」、クーヘンは「ケーキ」の意)
発祥については諸説ありますが、1807年にドイツの北東部ザクセン=アンハルト州の小さな町、ザルツヴェーデル(Salzwedel)で最初のバームクーヘンが焼かれたという記録が残っています。ザルツヴェーデルは今でも当時のレシピどおりに直火で焼くバームクーヘンを食べることができます。
また、ドイツでは「バームクーヘンの定義」が国立菓子協会によって定められております。
 ・原料の比率が、小麦粉:バター:砂糖:卵=1:1:1:2
 ・バター以外の油脂は使用しない
 ・ベーキングパウダー(膨張剤)を使用しない
など数々の厳しい基準を満たしたものだけがバームクーヘンを名乗ることが許されます。

日本で最初のバームクーヘン

日本で最初にバームクーヘンをつくったのはドイツ人のカール・ユハイムで、1919年3月4日に広島県商品陳列所(現在の原爆ドーム)で開催された広島県物産陳列館捕虜製作品展覧会で販売されました。このことを記念して毎年3月4日は「バームクーヘンの日」と決められています。
バームクーヘンは当時ピラミッドケーキという名称で販売されていましたが、1960年代に入るとピラミッドケーキからバームクーヘンに改められて一般的にその名が知られるようになりました。

日本とドイツのバームクーヘン事情

日本では現在どこに行ってもバームクーヘンが食べられると言っていいほど広く普及しています。しかし、発祥の地であるドイツでは実はどこに行っても食べられるというものではありません。なぜなら、国立菓子協会によって定められている「バームクーヘンの定義」の厳しい基準を満たすことや、バームクーヘン専用のオーブンと高度な技術や経験が必要ということからドイツのバームクーヘンは限られた職人さんだけが作ることができる特別なお菓子だからです。

バームクーヘンとバウムクーヘンの違い

「バームクーヘン」と「バウムクーヘン」との表記の違いが話題になることが度々ありますが、もちろん両者に特別な違いはありません。
ドイツ語では「Baumkuchen」と表記するため、よりドイツ語の発音に近づけて表記する際は「バウムクーヘン」としているだけなのです。
日常会話では「バームクーヘン」と発音する方は大半なのに対して、文字にする際は「バウムクーヘン」と記載する方が多いという統計があります。主要国語辞典でも、ほぼ全てが「バウムクーヘン」と表記されているようです。

バウムクーヘンケーキの歴史

バウムクーヘンケーキは、すべての年齢層の人々に愛されているおいしいお菓子です。その人気は年々高まり、これからも何世代にもわたって続いていくことでしょう。カフェカプリスのバウムクーヘンをぜひご賞味ください。自信を持ってお届けするバウムクーヘンです。

初めてお聞きになる方は、このお菓子の起源を探る料理の旅にお連れしましょう。

物議を醸す歴史

古代ギリシャや後のローマ文明にも同様の方法で直火で丸太の上でケーキを焼く方法があります。ローマ人は征服の際にこの焼き方を伝えたと考えられています。彼らが征服した地域の一つは、今日のドイツとして知られています。

このケーキの歴史は謎と論争に包まれています。このお菓子の起源については、諸説があります。最初の説は、バウムクーヘンは19世紀にバイエルン州で最初に作られたというものである。また、ハンガリーで最も古いお菓子である「kürtőskalács」(煙突ケーキ)から派生したハンガリーのウェディングケーキとして始まったとする説もある。また、ドイツのザルツヴェーデルが起源とする説もあります。

マルクス・ルンポルトは1581年にプロのシェフのための最初の料理本「Ein new Kochbuch」を出版しました。この本には、バウムクーヘンのレシピが初めて掲載されています。

この唾のケーキのドイツ語版は、より人気があり、世界的に知られています。しかし、バウムクーヘンの様々なバリエーションは、ヨーロッパ中で見つけることができます。どこで生まれたかに関わらず、このユニークなケーキは、世界中の数え切れないほどのカフェや食品会社で作られ、提供されています。

ケーキの作り方

このケーキは、伝統的なオーブンよりもスピットロースターを選ぶ – それが焼かれる型破りな方法で知られています。この工程は長い時間がかかり、熟練した職人が手で焼くのは手間がかかるとされています。これが「ドイツのケーキの王様」と呼ばれる所以です。

衣は、小麦粉、卵、砂糖、バニラ、塩、バターなどの代表的な材料で作られる。ベーキングパウダーは伝統的には使われていません。小麦粉、バター、卵の比率は通常1:1:1:2です。バッターが準備されると、焼成のためにスピットに火がつけられます。バッターの最初の薄いコートは、串の周りにブラッシングされます。

新しいものが適用される前に、層は完全に最初に乾燥させる必要があります。これは、ケーキが串から取り外せるほどの厚さになるまで継続的に行われます。層は25に達することができますが、典型的なものは、打者の15から20の層だけで構成されています。

バウムクーヘンをスライスすると、薄い金色の線で区切られた複数の層が現れます。中身は木の輪のような形をしています。木のケーキ」は直訳すると「バウムクーヘン」となります。中身の美しさはもちろんのこと、食感や見た目の美しさにも定評があります。

熟練のパティシエの中には、バウムクーヘンの大型版に挑戦する人もいます。バウムクーヘンの重さは100ポンド以上にもなり、25層にもなります。串で焼くと高さが3~4フィートにもなります。

レシピは、バウムクーヘンの生地に様々な材料を追加することで切り替えることができます。

  • ナッツ
  • ハニー
  • マジパン
  • ヌガー
  • ラム酒またはブランデー

マーマレードやジャムでケーキを釉薬をかけ、チョコレートをかけるオプションがあります。baumkuchenspitzenまたはツリーケーキのヒントは、このケーキのミニチュア版またはカットアップスライスです。彼らは通常、チョコレートで釉薬されています。各作品は、個別に販売されています。

バウムクーヘンの数多くのバリエーションが異なる場所で焼かれている、ヨーロッパはケーキの無数のバージョンを生成することが知られている。このリストには、ポーランドのsekacz、リトアニアのsakotis、スウェーデンのspettekakaが含まれています。ヨーロッパを訪れた際には、他にも多くの国を訪れることができます。 

完全にバウムクーヘンを受け入れている国の一つは、日本であった。それは1919年に導入されて以来、今日でも愛されているスナックです。このケーキは、世界の多くの地域でデザートやスナックの主役としてその場所に値する。

来日

1919年にドイツ人のパン職人によって初めて紹介されて以来、2019年に日本で100周年を迎えたバウムクーヘンケーキ。バウムクーヘンがどのようにして日本でお祝いの贈り物としての地位を獲得したのかをご覧ください。日本はこの謙虚なドイツのケーキを国境で歓迎し、多くの家庭の定番となっています。

バウムクーヘンが日本に初めて紹介されたのは、今から100年前、ドイツのパン職人カール・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・ユヒハイムでした。物語の始まりは、第一次世界大戦中、中国の青島に住んでいた彼が不運にも日本軍に捕まってしまったことから始まります。

広島の強制収容所にいた時に、広島県産業振興会館に展示することになったのです。彼は、商業博覧会で紹介された最初のバウムクーヘンを焼くことにしました。ドイツでは、このバウムクーヘンを作りこなせれば「名人」と呼ばれる。

カール・ユヒハイムは、情熱とドイツの誇りをもって、何世代にもわたって愛される料理を外国に紹介しました。彼の遺志を受け継いでいるのが、神戸市にある「株式会社ユヒハイム」という食品会社で、現在もオリジナルのバウムクーヘンを作っています。

日本のバウムクーヘンのふるさと神戸

ユヒハイムは出所後、横浜に1号店をオープン。1923年の関東大震災で神戸への移転を余儀なくされました。兵庫県神戸市は魅力的な港町です。ここからは六甲山系の雄大な景色を見ることができます。古くから日本の貿易の中心地として栄えてきました。

西洋文化が保守的な伝統を打ち破るための重要な玄関口となってきました。そのため、神戸は国際的なテイストと全体的な雰囲気で日本の他の都市とは一線を画す存在となっています。

西洋文化がこの受容的な都市に常に歓迎されてきたことは周知の事実です。そのため、伝統的なドイツのバウムクーヘンは、神戸に入ってくるのに苦労しなかったし、神戸でより一般化してきたのです。

神戸に住んでいた人のかなりの部分は外国人です。そのため、新しいケーキ屋さんが地元の人たちの間で注目を集めたのです。その評判の良さが、市内での知名度と人気につながっている。お店の人気もケーキの人気も、彼の死だけでは終わらなかった。神戸の他の地元のパン屋さんたちも伝統を守り、その名声を支えてきました。

より詳しく見る

バウムクーヘンはただのケーキではありません。ケーキのリングをよく観察してみると、それぞれが繊細な芸術作品になっています。バウムクーヘンの素直な魅力とシンプルさは、純粋なエレガンスを体現しています。

その洗練された味は、控えめな味を好む日本人の好みに合っています。甘すぎないのが大きな魅力で、砂糖の多いデザートが苦手な方にもお楽しみいただけます。

一口食べて、しっとりとしたスポンジが口の中で崩れていくのを感じてください。心地よい自然な甘さをお楽しみください。バランスのとれたしっかりとした食感で、お口の中で満足感が得られること間違いなしです。

バウムクーヘンは、古くから繁栄と長寿を意味するとされてきました。そのため、バウムクーヘンは結婚式やお祝いのイベントでも人気のあるお菓子となっています。

甘い完璧さ

あなたがデザートを考えるとき、バウムクーヘンは、ポップアップの最初のものではありません。しかし、このケーキが提供する多くのもののために試してみるべきです。

  • あなたの興味をそそる物議を醸す歴史
  • 別々の焼き方
  • 程よい甘さの濃厚な味わい
  • 世界中の人々に愛されている  

バウムクーヘンは、多くの国の伝統的な料理に欠かせないものとなっています。そのため、バウムクーヘンは注目すべき料理として評価されています。この特別なケーキの歴史を知った今、カフェ・カプリスに立ち寄って、この人気のお菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

カフェ・カプリスについて

カフェカプリスは2012年に設立されました。兵庫県神戸市東灘区甲陽町中5-15にあるカフェです。毎日朝6時から夜6時まで営業しており、祝日はお店がお休みになります。

カフェカプリスの個室は、ちょっとしたイベントやパーティーに最適です。最新の料金表やその他のメニューはメニューページでご確認ください。すべての価格は消費税込みであり、変更される場合があります。

フルメニューをご用意しており、毎日、お食事、お持ち帰り、デリバリーでご利用いただけます。事前のご注文やご予約も承っておりますので、ウェブサイトに記載されている電話番号にお電話ください。カフェカプリスのバウムクーヘンやその他の美味しい料理をお楽しみください。

最新情報をお届けします。毎月のプロモや割引をご用意しておりますので、ぜひご利用ください。