はじめての方へ

【通販限定】お得なギフトセット

商品カテゴリー

カプリスのバームクーヘンについて

のし・ラッピングサービス

営業日カレンダー

2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   出荷営業日

店舗紹介

営業時間/6:00~18:00 定休日/不定休 岐阜県羽島郡岐南町徳田3-127

店舗ページはこちら

バームクーヘン(バウムクーヘン)は何故縁起がいいのか

バームクーヘンが慶事の贈り物として好まれる理由

日本ではおめでたい贈答品の一つとして慶事の贈り物として好まれ、結婚式や祝い事の引き出物として使われることが多いのがバームクーヘンです。
バームクーヘン断面の模様が木の年輪のように見えることから、「繁栄」や「長寿」、「幸せ重ねる」などを連想させる縁起の良い製菓として、結婚式や出産などの慶事の贈り物として好まれています。
バームクーヘン発祥の地と言われているドイツでも、19世紀から今日まで結婚式やお祝いごとの贈り物としてよく用いられる、縁起のいいお菓子だそうです。

結婚式の引菓子として最適

結婚式の引き出物のバームクーヘンには、二人が夫婦となって「いつまでも仲良く途切れることなく、年月を共に重ねられますようにと…」願いが込められており、それを結婚式に来てくれた方にもおすそ分けするという意味も込められています。
また、バームクーヘンは他の製菓と比べて日持ちが良い点なども、贈り物として好まれている理由と言えます。

出産祝い・新築祝い・快気祝いにも

バームクーヘンは結婚式以外にも出産祝い・新築祝い・快気祝いの贈り物として人気です。
出産祝いの場合はお子様が産まれてから7日目(命名日)以降から生後1か月(宮参り)前後の期間までに贈るのが一般です。
その際は赤ちゃんに関連したものとセットで贈るとさらに喜ばれるでしょう。
新築祝いは、家が建ってからできるだけ早い時期に贈りましょう。
快気祝いは、退院後10日前後以内にお見舞いに訪れてくれた方などに贈るのが一般的です。

いつ頃から日本でバームクーヘンが慶事の贈り物として普及したのか

昭和30年代、ホテル結婚式が増えてきたことから引き出物も洋風のものが好まれるようになり、それまでの定番であった鰹節にとって代わり、バームクーヘンが新たに引き出物の定番になりました。

ホワイトデーのお返しとしても人気

ホワイトデーで贈るものと言えば、マシュマロ、クッキー、キャンディーなどありますが、近年ではバームクーヘンの人気が高いようです。
上記で述べた通り、結婚式の引菓子として使われていることから、「今の幸せがいつまでも続きますように」とか「この幸せが重なって大きくなっていきますように」と言う意味合いとして、義理ではなく本命の彼女や最愛の奥様にホワイトデーの贈り物として渡す方が多いようです。

ご法事など仏事のお返しにもバームクーヘン

これまでの長い人生、幾重にも歳を「重ね」、幸せも「重ねて」こられた故人を偲び、故人と「重ねた」時間、「重ねた」想い出を、優しい気持ち、穏やかな心で振り返ることができるという意味を込めて・・・。
バームクーヘンは法事の贈り物としてもふさわしいお菓子なのです。