はじめての方へ

【通販限定】お得なギフトセット

商品カテゴリー

カプリスのバームクーヘンについて

のし・ラッピングサービス

営業日カレンダー

2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   出荷営業日

店舗紹介

営業時間/6:00~18:00 定休日/不定休 岐阜県羽島郡岐南町徳田3-127

店舗ページはこちら

バームクーヘン(バウムクーヘン)の食べ方

そのまま食べてもおいしいバームクーヘンですが、さまざまな食べ方によってさまざまな味を楽しむことができます。そのいくつかを紹介させていただきます。

削ぎ切り

バームクーヘンの年輪に対して包丁を寝かせるように斜めに入れて削ぐように切ります。切り口の面積が大きくなるため、より香りをお楽しみいただけます。
ドイツでは、棒に付いたままの焼きたてのバウムクーヘンを、そぎ切りにして保存する店も多いという話もあります。焼きたての香りを贅沢に楽しめる切り方です。
香りだけではなく。薄く切ることで食感が軽快になり、よりおいしく召し上がることができます。

レンジで温める

バームクーヘンは少し温めるだけで焼き立てのような「ふわふわ食感」が味わえます。
やり方はとても簡単!バームクーヘンを耐熱皿にのせ、ラップを密封しないようにフワッとかけ、電子レンジで20~30秒位温めるだけ。
温める前に比べ、ふわふわな食感が増し、まるで焼きたてのような美味しさがお手軽に味わえます。
削ぎ切りにしたバームクーヘンを温めるとさらに食感が増しますので、是非一度お試しください。

オーブントースターで焼く

実はレンジで温めるよりも、焼いた方がおいしいと若い女性を中心に人気の食べ方です。
バームクーヘンをオーブントースターで、表面に軽く焦げ目がつく程度(「焼きすぎたかも…」と思うくらいの焼き色でもOK)に焼いていただければでき上がり。
バターの香ばしい香りが広がり、外はサクッ、中はフワッとした新食感のバームクーヘンを楽しめます。

凍らせる

バウムクーヘンを凍らせると、まるでアイスのような食感になります。
その理由は、バームクーヘンが何層も生地が重なってできているもので、なめらかな仕上がりの食べ物だからです。
作り方はカットしたバームクーヘンをラップで密封し、半日ほど冷凍庫で冷やし凍らせます。すると、サクサクとした食感になり、口に入れるとヒンヤリ、しっとりした味わいになります。

簡単アレンジ!バームクーヘンラスク

バームクーヘンを削ぎ切りにし、マーガリン(溶かしバターだとさらに風味がアップ!)を表面に塗ります。
グラニュー糖(量はお好みで)をまぶし、オーブントースターでカリッと焼くだけででき上がりです。
バームクーヘンの厚さは薄くすればするほどサクサク感がアップします。

その他にもチョコソースをかけたり、キャラメルソースをかけたり、チョコソースをかけた上でレンジ温めたり、アイスクリームを添えて一緒に食べたり・・・など、組み合わせ・食べ方は豊富です。
ご自分に合った食べ方を見つけてお楽しみください。